Providing Places

格安な料金で利用できる夜行バスの魅力を伝授

国内の長距離バスについて

サービス内容と利用方法

バス

福岡の中心部には大規模なバスセンターが存在します。ここでは通常の路線バスの他に高速バスも運行が行われており、長距離走行を行う夜行バスも利用することが可能です。それでは、福岡の夜行バスは具体的にどのようなサービスを提供しているのでしょうか。また、どのように利用すれば良いのでしょうか。それぞれ以下に解説を行います。福岡発の夜行バスは、行き先によって乗り場が決められています。そのため、事前に乗り場を確認しておくことが大事です。また、便によっては座席が指定されていることもあるため窓側や通路側など希望に応じて選ぶことができます。夜行バスは夜間に走行するため、ゆっくりくつろげるように座席はゆったりと作られています。最近では、それぞれのプライバシーを守るために座席を個別に仕切ることができるカーテンも設置されるようになりました。夜行バスの乗車時間は長いためトイレはもちろんのこと、自由に利用できるドリンクコーナーや映画の流れるモニターも完備しています。福岡から夜行バスに乗る場合、事前に予約が必要です。予約については、直接電話をする他にインターネットを使用する方法があります。発車時間の何時間前のように受付期間が締め切られるため、余裕を持って予約することが大事です。座席が指定されている便の場合は、予約の際に席決めを行います。特に同行者がいる場合には、隣り合った席が予約できるようにできるだけ早い段階で連絡する必要があります。

リラックスできる位置

バスに乗る人

九州有数の大都市である福岡からは、日本各地へ行ける複数の夜行バスが出ています。近場であっても長時間乗車することになる夜行バスで快適に過ごすためには、座席の選び方に注意しなければなりません。福岡の市街地を複数箇所回る夜行バスの場合揺れが想定されるので、酔いやすい人は前方座席に座りましょう。バスだけでなくどの車でもいえることですが、前席は揺れが少なく安定するため、酔いやすい人には最適だといえます。また、前方の景色が見えて視野が広くなるので、圧迫感の少ない前方座席を選ぶと良いでしょう。福岡からすぐに高速に乗る場合には、揺れは少なく済みます。バス内でゆっくり眠りたいという人は、後方座席を選んで下さい。後方座席は人の動きが少ないため、落ち着いて眠ることができます。最後列であれば後ろの人に気を遣う必要なくリクライニングが利用できるので、よりしっかりと眠ることができるでしょう。トイレなど設置されていないバスで、目的地までサービスエリア以外に座席を離れることがないのであれば、窓側の席を利用しましょう。窓側は片側にもたれることができるので、体の負担が少なく済みます。また、景色が見えたり通路側よりはヒンヤリするという点から、酔いやすい人にも安心の座席だといえるでしょう。反対に、車内にトイレが設置されていて頻繁に席を立つことが想定される場合には、通路側がおすすめです。車内の熱気を感じやすいので、寒がりの人も通路側を選ぶと良いでしょう。同じ福岡発の夜行バスでも、どの座席を選ぶかで車内の快適さが異なるので、長距離移動であればあるほど、自分の体調に合わせて少しでもリラックスできる座席を選んで下さい。

安い価格で移動できる

家族

福岡発着で長距離旅行を考えている方は夜行バスも選択肢の一つとして検討してみてください。夜行バスのメリットは何といってもその価格の安さです。例えば福岡東京間の移動費用を比較してみると、ある日の夜行バスの価格が7500円、新幹線と電車の組み合わせが22000円、自家用車だと高速料金だけで17000円程度です。飛行機の場合LCCだと5500円程度のものもありますが、空港までの移動料金などは別途かかります。夜行バスのもう一つのメリットは時間を有効に使えるという点です。新幹線や飛行機であれば、移動時間は高速バスよりもかなり短いです。ただ、夜行バスは夜間に移動するため、日中をフルに活用できます。仕事終わりの夜に出発し、そのまま寝ながら移動して朝に到着したら、そこから1日を目一杯満喫することができます。ホテルなどに宿泊する必要もないため宿代も浮きます。福岡発着の夜行バスは中国、四国、九州が発着であれば、たくさんの便があります。さらに、季節限定の不定期の場合もありますが、関東甲信越はもちろん、東北や北海道までも便が用意されています。福岡から長距離移動となると、くつろげるかどうか不安になるかもしれませんが、自分の希望に合わせて便の種類を選ぶことができます。例えば4列シートではなく独立3列シートを選択したり、女性専用便を選択することもできます。席ごとにコンセントやWiFiが完備されているバスもありますので、費用や希望に合わせて便を選べば、快適に移動できます。