Providing Places

格安な料金で利用できる夜行バスの魅力を伝授

バスの旅って楽しいです

長時間快適に過ごせる

旅行鞄

車や飛行機、汽車、バスなど、国内には様々な交通手段があるのでとても便利です。その中でも旅行の際に特に利用されているのが、夜行バスです。夜行バスの特徴は、なんといっても価格が安いことです。どの交通手段より安いので、頻繁に旅行する人や、一人旅の学生にも人気です。福岡からの夜行バスは、東京、大阪、名古屋などへ運行しています。もう少し近くですと岡山、愛媛などへも運行しています。夜にバスに乗れば、朝方には現地に到着するので、長旅のようで疲れてしまうのではないかと心配される方にも安心です。福岡から運行している夜行バスには、トイレが完備されているものもありますし、ゆっくりと寝れるようにシートも工夫されています。隣の席との距離も保たれているなど随所に配慮がみられるので、窮屈感はありません。最近ですとスマホの充電ができるバスもあるので、より快適に過ごせるでしょう。長くバスに乗車するので、スマホやタブレットで楽しむことができます。バスなので夜の風景を楽しみながら走行できます。旅慣れている方の中には、夜行バスをホテル代わりにお得に利用する方もいるほどです。福岡は、博多バスターミナルから出発しています。福岡の博多駅の隣がバスターミナルになっているので、お土産を買ったり、カフェやレストランで食事をされてバスに乗ることができます。ほとんどのバスが予約制になっているので、旅行の際には忘れずに予約しておきましょう。予約は電話だけでなく、インターネット上でもできます。空席がある場合には当日の予約も受け付けているので、早めに予約すると指定したい席が確保しやすいです。ネット高速バス会員になっていると、割引サービスなどのお得な特典が受けられます。

会社を比較する大切さ

バス

夜行バスと言えば安いかわりに時間がかかるものです。飛行機や新幹線に比べると時間が長く、金額で選ぶ人が多い特徴があります。今回は多数ある夜行バスルートの中でも人気の路線、福岡行きについてご紹介します。夜行バスの出発地として、東京、大阪、名古屋、広島がメインです。一番遠い東京からの場合、新宿出発博多行きで片道10000円前後です。名古屋からだと少し下がり8000円程度、大阪からだと5000円、広島からだと4000円が平均的な金額です。出発時刻は場所に限らず夜21時か22時が多く、翌日朝に福岡に到着するスケジュールです。帰省に使う人や出張ビジネスマンに人気が高く、特に体も疲れずに安く利用出来る関西から福岡路線が特に人気です。東京から福岡の場合、夜行バスで13時間かかるため、時間に余裕がない人は選びません。しかしながら最近では快適なシートや高級個室のようなタイプのバスもある為、バス会社が掲載している座席を確認してから予約する人が増えています。ブランケット、ジュース、おしぼりなどのサービスがあり、夜行バスというイメージを払拭する快適さです。wifi利用や充電電源付きが主流になってきているため、旅中もストレスなく過ごす事が可能です。観光で利用する人は朝福岡に到着してそのまま行動出来るため空港に降り立つ飛行機よりもその点では無駄な移動時間が発生しません。これから夜行バスを利用する人は是非参考にしてみて下さい。

体の負担を減らせるグッズ

バスに乗る人達

複数人が長時間一緒に過ごす夜行バス内では、互いに快適に過ごせるようにマナーを守りましょう。バスだけに限られたことではありませんが、車内では電子機器は音が出ないように設定しておく必要があります。イヤホンやヘッドフォンを使用していても、音漏れしている場合があるので、よく確認しておきましょう。夜行バスは深夜帯に走行するため、車内は静まり返り眠る人が殆どです。少しの音漏れも周囲の迷惑になるので、十分注意しましょう。福岡からの夜行バス内で睡眠を取る予定の人は、貴重品の管理にも気をつけて下さい。小銭だけ用意して貴重品はスーツケースに入れておくか、睡眠時だけ上の棚にカバンを置いておくなど、一人で乗車する人は特に注意しましょう。夜行バス内で快適に過ごせるかは、周囲の人をいかに気付かえるかが重要となるので、座席を倒す際には後ろの人に一声かけるなどマナーを大切にしましょう。夜行バスでは、福岡から目的地まで長時間同じ姿勢を取り続けることになります。福岡を出発する前に、車内で使えるリラックスグッズを購入しておくと、快適に過ごすことができるでしょう。物音に敏感な人は耳栓を用意しておくと睡眠に集中できますし、光に敏感な人や寝顔を人に見られたくないという人は、アイマスクを用意しておくと良いでしょう。長時間の姿勢で特に負担が掛かるのが、首と腰です。ネックピローを使用してもいいですが、ひざ掛けやタオルを何枚か持ち込むと用途の幅が広がって便利です。ひざ掛けやタオルは寒い時に冷気から体を守ることもできますが、丸めて腰の下に挟んだり枕として首に巻くなど、自在に形を変えて活躍してくれます。福岡から深夜バスを利用する際には、快適グッズも忘れずに持ち込みましょう。

お得な形で旅に出る

バスを持つ人

新幹線よりもお得な価格で福岡まで旅をしたい時は、夜行バスを使いましょう。目的地まで熟睡したい方は、車内にトイレがあるバスを選択します。こうした夜行バスであれば各地のパーキングエリアに停車しません。また夜行バスによってテレビを観られるものもあります。

もっと読む

国内の長距離バスについて

バス

福岡の中心部には巨大なバスセンターがあり、路線バスの他に夜行バスも運行しています。夜行バスの座席はゆったりと作られており、トイレやドリンクコーナーや映画モニターなどのサービスも万全です。利用の際には、事前に余裕を持って予約をしておく必要があります。

もっと読む

オンライン予約の注意点

乗り物

なるべく安く福岡に行きたいなら、夜行バスがあります。福岡行きの夜行バスはオンラインで予約できます。バス会社によってバスの特徴やシートの種類、予約開始時期などが違うので、よく確認してから予約をすることが大切です。

もっと読む